むちうちによる慰謝料請求

保険会社から「交通事故との因果関係なし」と言われてしまいました・・・。

むちうちなどの症状はすぐに現れない場合が多くあります。
交通事故に合った瞬間は興奮状態にあるため痛みを感じないのです。
ただし、事故直後は怪我がなかったとしても、後から症状が出てくるというケースは少なくありません。
「なんだか首が痛いなぁ」と。
そこで事故からしばらくたってから病院に行き検査を受けたところ、むちうちであることが判明。
治療費や通院費が思った以上にかかってしまったため、保険会社に保険金を請求したところ、「交通事故との因果関係なし」と判断され保険金が下りなかった・・・

また、仕事が忙しいという理由で通院が不定期になってしまうと、これもまた保険金がおりにくくなります。

このように、交通事故直後に病院に行かなかったり、通院に1ヶ月も間が空いてしまうと、「因果関係なし」と保険会社に判断され保険金が下りないことがありうるのです。
このようなことを防ぐには、交通事故に遭遇したら、直ちに弁護士に相談することです。
弁護士に相談することで、保険会社との対応は弁護士に一任できますので、怪我の治療に専念できます。また保険会社から因果関係を否定される可能性もほとんどなくなります。

 

保険会社から保険金の打ち止めを提示されましたが・・・

治療開始から半年ほどすると、保険会社から保険の打ち止めを提示されることがありま。

しかし、ここで妥協するのではなく、自分が納得いくまで治療をすることが重要です。 
まだ治療が必要ならば、提示をきっぱりと断りましょう。

なお、最初の段階で弁護士が保険会社と交渉することで、交渉を優位に進めることができるのです。

決まってしまってからでは、覆すことは非常に難しくなってしまします。

当事務所では、交通事故に合ったら症状が固定する前に弁護士にご相談されることをオススメしています。


弁護士による交通事故無料相談実施中 03-5224-3801 詳しくはこちらをクリック